数年前、美容意識の高い女性の間で話題になった「菌活」。最近、再び注目を集めているのはご存じですか?乳酸菌鍋や乳酸菌チョコレートなど、新商品も続々と出ています。これから菌活を始めるという方へ、今回は気を付けてほしいポイントを2つご紹介します。

pixta_18528319_S

 

1.菌の弱点を知る!

ヨーグルトや納豆などに含まれる乳酸菌をはじめとした菌は、熱に弱いという弱点があります。せっかくこうした菌を補給しても、胃酸や胆汁により、肝心の大腸まで届かないことも多々…。「乳酸菌○億個配合!」という商品でも、加熱処理前の数字であることも。生きた菌を腸に届けるために、菌の摂り方には十分注意して下さいね。

 

2.菌の種類を知る!

たとえば、乳酸菌とビフィズス菌の違いはご存じですか?乳酸菌の一種と思われることも多いですが、実は全く異なる菌です。

 

乳酸菌

主に「小腸」に生息して活動します。

 

ビフィズス菌

主に「大腸」に生息して活動します。乳酸だけでなく、酢酸も作りだすことが大きな違い。この酢酸がポイントで、これには強い殺菌力があります。

 

健康のカギを握る大切な器官である大腸。その腸内環境を健康に保つために欠かせないビフィズス菌は、最優勢な善玉菌であると言われます。乳酸菌だけではなく、様々な菌に注目して菌活ができると楽しいですね。

 

せっかくなので、もう少しビフィズス菌についてご紹介しますね。

 

ビフィズス菌の特徴

腸内で重要な役割をもつビフィズス菌ですが、実は弱点だらけ。

 

加齢により減少

Closeup stressed young woman and yelling screaming

赤ちゃんのときは腸内細菌の90%を占めるビフィズス菌ですが、その量はどんどん減って成人する頃には約10%、さらに高齢者では、わずか1%未満になる人もいるほどです。

 

偏食により減少

pixta_820348_M

食生活が偏り野菜不足になると、エサとなる食物繊維が足りずビフィズス菌は減少。

 

ストレスにより減少

pixta_17831202_M

「ストレスで胃に穴があく」と言いますが、胃は第二の脳と呼ばれるほど神経が集まる大切な器官。ストレスは胃に悪影響を与え、ビフィズス菌をはじめとした善玉菌を減少させることが報告されています。

 

日常のささいな出来事はもちろん、毎日生きているだけでビフィズス菌は減少しているのです!菌活をするなら、最優勢な善玉菌であるビフィズス菌の補給を考えたいところ。

 

ビフィコロン2

 

40億個のビフィズス菌!

pixta_13178826_M

小麦粉やパスタでおなじみの日清製粉グループの『ビフィコロン』であれば、1日あたり40億個もの生きたままのビフィズス菌を大腸まで確実に届けてくれます。数々の試験を重ね、熱に負けない「ダブルガードカプセル」を開発。特許を取得しているので、その実力は本物です!毎日の食卓に並ぶ食品会社が販売しているのも安心ですね。

 

ビフィコロン』はビフィズス菌のエサとなる食物繊維もカプセルに配合。大腸にたどりつくと、善玉菌として活動してくれます。なんと購入者の約9割が『ビフィコロン』で菌活を続けており、累計販売数は35万個を突破!

a

定期コースなら、初回約30日分が半額(送料無料)のキャンペーンを実施中。1日あたり72円で40億個ものビフィズス菌を補給できるので、これはまたとないチャンス!「毎日の健康週間として無理なく続けられる」と評判の『ビフィコロン』。この先もイキイキと健やかな毎日を送り続けたいと願うあなたにオススメです。この機会に是非お試しください!

 

ビフィコロンバナー

 

 

Sponsored by 日清ファルマダイレクト